DCIM100MEDIADJI_0016.JPG

3万坪の森と、湯元源泉かけ流し。

外の騒がしさから離れて、その分少し不便かもしれませんが
日本には数少ない”自然との共生をめざした環境共存型”のホテルです。

環境建築の始祖といわれる米建築家チャールズ・ムーアの代表作=
「シーランチ・コンドミニアム」をモデルに社内設計しました
その建物の外壁はカナダから直輸入したウエスタン・レッドシダー
暖かみを感じるばかりでなく、腐りにくく耐久性にもすぐれ
そのデザイン性とともに、白馬でもっともエコロジーなリゾートホテルであることを誇りにしています。

ゆったりした空間、ゆっくり流れる時間
敷地内のあちこちに居心地のいい場所と、それらを結ぶ散歩道をつくりました。
窓は自然の情景を取り込むように大きく開口され、”半外”(はんそと)空間もそこかしこに。
広めの客室をはじめカナダ製バスタブや洗面ボールなど、
すべてに少し大柄サイズを装備しました。

1994年12月開業以来、少しずつ改良の手が加えられ
2012年には中庭の大改装、古民家の材料を使って温泉棟を新築
2013年ガーデンプール新設、2014年茶室風&西洋風と2つの貸切露天風呂
2015年にはお昼寝テラス、ほたるの湯(足湯)、ミニカーの温泉「フローバー・ミニ」、
五右衛門風呂が完成しました。

リピーターのお客さまにとって、いつも新鮮なホテルでありたいと思います。

kominkanoyu

白馬みずばしょう温泉「古民家の湯」(2012年秋 新設)

温泉棟「古民家の湯」

温泉棟「古民家の湯」

pool-05565

ガーデンプール(2013年秋 新設)

お昼寝テラスはシェラの端っこに

お昼寝テラスはシェラの端っこに

春夏に会えるよ。ぼくはミニのお風呂「フローバー・ミニ」

春夏に会えるよ。ぼくはミニのお風呂「フローバー・ミニ」

冬のホテル全景と北アルプス

冬のホテル全景と北アルプス